レシチンのことをどこよりも詳しく解説

レシチンがたっぷり摂れる
おすすめサプリメントを見る

脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド » レシチンがたっぷり摂れるおすすめサプリメント » レシチン・ノンフレーバー

レシチン・ノンフレーバー

レシチン・ノンフレーバーの特徴、原材料・栄養成分・価格・容量・販売元などの製品データ、愛飲者の口コミなどについて紹介します。

しちだのレチシン・ノンフレーバー公式サイト画像キャプチャ

画像引用元:しちだ公式サイト
http://shichida.co.jp/store/life/lecithin/

レシチン・ノンフレーバーの特徴

しちだのレシチン・ノンフレーバーは、顆粒タイプなので料理や飲み物に入れたりして摂りやすく、高純度で吸収率の高いレチシンを摂取できるのが特徴。

七田式幼児教育で知られる「しちだ」の製品であることから、子どもの食育に取り入れている方も多いサプリメントです。

身体に吸収されやすい顆粒タイプ

しちだのレチシン・ノンフレーバーは顆粒タイプにこだわっています。顆粒タイプは抽出したレシチンは身体に吸収されやすいだけでなく、純度の高いレチシンを摂取できるのが嬉しいところ。

タブレットタイプと比べると、およそ3分の1程度の量で充分なレチシンを摂ることができます。

添加物を使わないので誰でも安心して摂取できる

しちだのレチシンは、合成保存料、合成着色料、人口甘味料などを使用していません。そのため、妊娠中の方や幼い子どもでも安心して飲むことができます。

レシチン・ノンフレーバーご愛用者の口コミ

自家製マヨネーズがおすすめ!
レシチンは化粧品や食品の中で乳化剤として使われることが多いと知り、我が家では、酢と油にレシチンを加えてマヨネーズを作っています。その日によって、ごま油や亜麻仁油にしたり、オリーブ油にしたりして、味に変化を加えています。黒酢やりんご酢など、好きな材料で作れますし、卵を使用しないから手軽に使う分だけ作れて便利です。(女性)

自分も息子も美味しく飲める
はじめはコレステロール値が高めの自分のためにレシチンを飲み始めたのですが、友達からレシチンは記憶力が上がるらしいと聞いたので息子にも飲ませてみることに。ヨーグルトやサラダにかけて手軽に食べられるので、私も息子もお気に入りです。(女性)

褒められることが増えたと息子が喜んでいます
妊娠中はレシチンを豆乳に混ぜて飲んでいました。赤ちゃんを産んでからも飲み続けていて、今はちょうど授乳の真っ最中ですが、元気に過ごしています。(女性)

製品データ

原材料 【主要成分】大豆リン脂質
栄養成分
(100g中)
大豆リン脂質 97g以上、エネルギー710kcal、タンパク質微量、脂質74.8g、炭水化物8.2g、ナトリウム7mg
内容量 225g(約1ヵ月分)
1日の目安量 子供で1日カレースプーン1杯(7g)
価格 4,700円(税別)
販売元 株式会社しちだ・教育研究所、株式会社しちだ・ライフ
所在地 島根県江津市江津町526-1

効率的にレシチンを摂取できるレシチンサプリ3選はコチラ

▲ページの先頭へ