レシチンのことをどこよりも詳しく解説!

レシチンがたっぷり摂れる
おすすめサプリメントを見る

脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド » レシチンがたっぷり摂れるおすすめサプリメント

レシチンがたっぷり摂れるおすすめサプリメント

レシチンをサプリメントで効果的に摂取したいと考えている方におすすめのサプリメントを紹介。純度の高いレシチンを摂るための、サプリの選び方なども解説します。

レシチンサプリ選びのポイント

レシチンを確実に摂取するなら高純度の顆粒タイプ

最も効率的にレシチンを摂取する場合は顆粒タイプのレシチンをおすすめします。

顆粒タイプは抽出したレシチンを、ほぼそのまま使用できるため、高純度のレシチンを摂取できるのです。ちなみに高純度レシチンとはリン脂質を多く含んだもののこと。

スティックと缶タイプの違い

顆粒レシチンには、缶に入っているタイプとスティックの分包タイプの2種類があります。

スティックタイプ

一方スティックの分包タイプは、1回分が密封されているので、固まる等の心配は不要。また、外出先で手軽に飲める点も便利ですね。

ただし、1包ごと小分けされているので、この分量だけ使いたいという場合にはあまり適していません。

缶タイプ

缶の中にそのまま顆粒が入っている状態です。そのまま飲む際、料理に使用する際に、蓋を開けるだけでお手軽に使用することが可能です。

ただしレシチンは本来、吸湿性が高い性質があり、開封して時間が経つと水分を含んで固まってしまうことがあるので気を付けましょう。

効率的にレシチンが摂れるレシチンサプリ3選

顆粒タイプのレシチン画像

顆粒タイプのサプリで特に純度の高いサプリを3種類紹介。レシチンの100gあたりのリン脂質含有量(純度)、梱包タイプ、1日10g摂取した場合の1日当たりの価格などで比較してみました。

ソーヤレシチン
顆粒

ソーヤレシチンの画像

製薬会社の長年の研究により作られた高純度のレシチン

ソーヤレシチン顆粒の
詳細はコチラ

フレッシュレシチン97

フレッシュレシチン97の画像

料理に入れてもそのまま食べても美味しいサプリ

フレッシュレシチン97の
詳細はコチラ

レシチン・ノンフレバー

レシチンノンフレバーの画像

アメリカから直輸入!お子さんの食育にも最適です

レシチン・ノンフレバーの
詳細はコチラ

ソーヤレシチン顆粒

製薬会社が作った高純度のレシチン

ソーヤレシチンの画像 ソーヤレシチンの箱と中身の画像

電話番号:0120-184-296
受付時間:9時~17時まで(土・日・祝日を除く)

リン脂質含有量(純度) 98g(98%)
梱包タイプ スティックタイプ(1回分ごと小分け)
1日あたりの価格 120円(※定期便を頼んだ場合)

製品の特徴

5gごとに小分けされたスティックタイプで、持ち運びに便利なので外出先でも飲用可能。長期保存しても固まったり成分が変質しにくいのも特徴です。レシチンの純度が98%と高く、1日の目安量10gあたりに、大豆4500粒分のレシチンを配合しています。

また、70年の歴史がある製薬会社が作っています。厳正に管理されたGMP基準を満たす国内工場で製造するなど、製薬会社ならではの安全基準で作られているのも嬉しいところ。

ソーヤレシチンを飲んでみた感想

ソーヤレシチンの中身の画像
  • 色:通常の大豆よりも少々黄色味がかっている印象
  • 香り:ほんのり大豆の香りが漂ってくる
  • 味:口に入れた瞬間大豆の風味とほのかな苦味が口に広がる。そのまま食べても美味しいが、何かほかのものに混ぜるとより美味しく食べられそう。

ソーヤレシチン顆粒60スティック入りの基本情報

  • 内容量…300g(5g×60包)
  • 価格…3,600円(税込※定期便の場合)
  • 販売元…京都薬品ヘルスケア株式会社

電話番号:0120-184-296
受付時間:9時~17時まで(土・日・祝日を除く)

フレッシュレシチン97

料理にもそのまま食べても美味しいサプリ

フレッシュレシチン97の画像 フレッシュレシチン97の箱と中身の画像

電話番号:0120-370-665
受付時間:9時~20時(年中無休※年末年始を除く)

リン脂質含有量(純度) 97g(97%)
梱包タイプ 缶タイプ(顆粒がそのまま入っています)
1日あたりの価格 約108円

製品の特徴

新鮮な大豆を原料に独自の製法で抽出した、純度97%のレシチンサプリメントです。缶からスプーンで取り出して、紅茶や牛乳に混ぜて飲むのはもちろん、ごはんやヨーグルトなどにふりかけて思う存分食べられます。健康食品などでおなじみのオリヒロが手掛けてる。

フレッシュレシチン97を飲んでみた感想

フレッシュレシチン97の中身の画像
  • 色:大豆をそのまま顆粒にしたような色
  • 香り:微妙に大豆の香りが漂ってくるが、他の顆粒商品と比べるとあまり感じない
  • 味:口に入れた瞬間大豆の風味と苦味が口に広がる。この商品説明にもあるが、そのままというよりも他の食べ物と混ぜると良さそう。

フレッシュレシチン97の基本情報

  • 内容量…250g
  • 価格…2,700円(税込)
  • 販売元…オリヒロ株式会社

電話番号:0120-370-665
受付時間:9時~20時(年中無休※年末年始を除く)

レシチン・ノンフレーバー

お子さんの食育にも最適な七田式のレシチンサプリ

レシチンノンフレバーの画像 レシチンノンフレバーの箱と中身の画像

電話番号:0120-10-4972
受付時間:9時~18時(土・日・祝日を除く)

リン脂質含有量(純度) 97g以上(97%以上)
梱包タイプ 缶タイプ(顆粒がそのまま入っています)
1日あたりの価格 約208円

製品の特徴

幼児教室で知られる七田式が手掛ける純度97%のレシチンサプリメント。アメリカの有機大豆を使用して抽出されたレシチンを、品質管理を徹底させるため小ロットでその都度アメリカから輸入しています。子供たちの口に入ることを想定し、遺伝子組み換え大豆などは不使用で、安全性にもこだわって作られているサプリです。

レシチン・ノンフレーバーを飲んでみた感想

レシチンノンフレーバーの中身の画像
  • 色:缶と同じぐらいかなり黄色が濃い。
  • 香り:缶に鼻を近づけると、かなり強めの大豆の臭いを感じる。
  • 味:味はほかの顆粒商品同様に大豆の風味がするが、苦味は多少強く感じる。

レシチン・ノンフレーバーの基本情報

  • 内容量…225g
  • 価格…5,076円(税込)
  • 販売元…株式会社しちだ・教育研究所

電話番号:0120-10-4972
受付時間:9時~18時(土・日・祝日を除く)

たくさんあるレシチンサプリの形状

レシチンをサプリから補給しようと思ったとき、レシチンサプリを調べると色々な種類があることがわかります。 数あるレシチンサプリの中から自分にあったものを見つけたいなら、ライフスタイルや飲みやすさなどに合った形状のものをまずは探してみましょう。

レシチンサプリの代表的な形状ごとに、飲みやすさや、どんな方におすすめなのかをご紹介いたします。

顆粒タイプ

粉状のレシチンサプリメントは、好みが分かれる形状のサプリメントです。 缶に入っているものもあれば、1包ずつに小分けされているものもあり、水さえあれば飲むことができます。また、溶けやすいタイプなら、料理や飲み物に混ぜて補給するのもおすすめです。

顆粒タイプのサプリメントが向いている方は、より純度の高いレシチンを摂りたいという方。小分けタイプのサプリがいい方、料理や飲み物に混ぜたいという方にもおすすめです。

ゼリータイプ

ゼリータイプとは、その名の通りゼリーのようになっていて、おやつ感覚で食べられるサプリです。 柔らかく、飲み込みやすいため、薬を飲み込むのが苦手な方や、飲み込む力が弱い高齢の方、小さなお子様にもおすすめの形状です。

お菓子のゼリーのように甘味が付いていることが多いため、食後のデザート感覚で無理なくレシチンを補給できるでしょう。 夏場は凍らせて食べれば、シャーベットのように楽しめます。スプーンがなくてもスティック状の容器から手軽に補給できるものも多く発売されています。

ただし、ゼリータイプのデメリットは、人工的な甘味が苦手な方にとっては「美味しくない」と味が理由でサプリ習慣が続けられなくなってしまう可能性がある点です。

カプセルタイプ

病院でもらうお薬のように、カプセルにレシチンなどの成分が入った形状をしているカプセルタイプのサプリメント。

水さえあればさっと飲めるため、外出先や食事以外のタイミングでも気軽にレシチンを補給できます。 また、味が付いていないので、人工的な甘味が苦手という方にもおすすめです。 職場や外出先にもレシチンサプリを持ち歩きたい方はもちろんですが、長期保管できるものも多いため、たくさんまとめ買いしたい方にも向いていると言えるでしょう。

カプセルタイプのデメリットは、粒状のサプリや薬を飲むのが苦手な方には向いていないという点です。また、数粒なら大丈夫、という方も他のサプリと合わせると何錠もサプリを飲まなければならなくなり大変…ということも。 飲むタイミングやシーンによってメリットもデメリットになりえます。

液状タイプ

液状タイプになっているレシチンサプリは、料理や飲み物に混ぜて使いたい方におすすめです。スプーン1杯などざっくりとした分量で続けられるので、毎朝スムージーを飲む、お茶を飲むなどの習慣がある方にとっては使いやすいと言えるでしょう。

ただ、サプリメントによっては、水に溶けにくいタイプもあります。また、味が付いている場合もあります。どんな飲み方をしたいのかによっても、液状サプリメントの中でも合っているものと合っていないものがあると言えるでしょう。

持ち運びはしにくいため、外食や旅行が多い方は、家以外の場所で補給しにくい点が難点と言えるかもしれません。

まとめ

一口にサプリメントといっても、色々な形状から選べるレシチンサプリ。 どこで、どんな風に飲みたいのかを考えて、ぴったりの形状のサプリメントを選んでみましょう。複数のサプリメントを使っている方は、他のサプリメントと合わせて飲むとしたら飲みやすいかどうか、についても考えてみるといいでしょう。

レシチンはサプリで補った方が良い理由

レシチンは動物や植物の細胞に不可欠な栄養素で、細胞の細胞膜を構成する主成分です。脂肪がエネルギーとして使われる時にたんぱく質と結合して血中を移動したり、細胞膜を通じて細胞が栄養などを取り入れたり、老廃物を排泄したりする手助けをしてくれます。レシチンが不足すると様々な症状を引き起こす原因となります。

成人に必要なレシチンの摂取量を摂れていない

成人に必要なレシチン摂取量は1日5,000~10,000mgとされていますが、現代日本人の食生活からのレシチン摂取量は1日1,000mg以下となっています。 レシチンは大豆・卵黄・穀類・胡麻油・小魚・レバーなど多くの食品に含まれています。ただし、動物由来のものだとコレステロールや脂質が多いため、植物由来のものの方が身体には良いと言われています。

1日に必要なレシチンを食品から摂るのは難しい

1日に必要なレシチンを食品から摂るのはかなり難しく、大豆だとバケツ1杯くらい食べる必要があります。レシチンを効率良く摂取するには、サプリメントがおすすめです。

サプリメントなら手軽に必要量のレシチンを摂ることができます。 大豆や卵にアレルギーの出やすい方もいますのでパッケージのアレルギー表示や原材料名はしっかり確認してから選ぶようにし、用法や用量を守って正しく利用しましょう。

レシチンを摂取できるサプリ一覧

レシチンが配合されたおすすめのサプリメントを形状別に紹介します。

顆粒タイプ

ソーヤレシチン

京都薬品ヘルスケアという、製薬会社が製作しているレシチンサプリ。大豆に含まれたレシチンをできるだけそのまま摂取できるよう研究を進め、純度98%を達成しました。

顆粒タイプのレシチンサプリは、缶にそのまま入っているものが多い中、ソーヤレシチンは1回分が小分けになっているため、軽量する必要なし。サプリが他のものと混ざったり、固まる心配もないのもうれしいところ。持ち運びにも便利なので、会社など出先でも使用可能です。

ソーヤレシチン<顆粒>について
詳しく見る

フレッシュレシチン97

独自技術で大豆から油状レシチンを抽出し油を除去した、レシチン純度が97%の高含有レシチンサプリメント。

顆粒タイプで、色々な飲み方ができるフレッシュレシチンは、高純度レシチンなのでレシチン以外の余分な栄養素は配合されていません。純粋にレシチンを摂りたい方におすすめです。

フレッシュレシチン97について
詳しく見る

レシチン・ノンフレーバー

七田式幼児教育で知られる「しちだ」のレシチンサプリ。抽出したレシチンがそのまま使用されているので高純度で吸収率も高いです。

顆粒タイプなのでそのままでも、料理やドリンクに入れてもいいレシチン・ノンフレーバー。レシチン(フォスファチジルコリン)の含有率は約33%となっています。

レシチン・ノンフレーバーについて
詳しく見る

豊年大豆レシチン<顆粒>※製造・販売中止

大豆からわずか0.5%程しか取り出せないレシチンを飲みやすい顆粒状にしたサプリメント。

大豆約400粒から取り出せる量のレシチンを小さじ1杯で補給できる点が魅力の豊年大豆レシチン。大豆レシチン以外の余分な成分が含まれていないため、大豆レシチンだけを摂りたい方にもおすすめです。

※現在製造・販売が中止されています

豊年大豆レシチン<顆粒>について
詳しく見る

ゼリータイプ

アルファベスト核酸入り生ゼリータイプ

抽出された高品質な大豆レシチンを1包で600mgも摂取。なお、アルファベスト核酸入り生ゼリータイプに含まれているレシチンは、通常の大豆レシチンよりも分子が小さく吸収されやすいK・リゾレシチンです。加えて、DNAやRNAと言った核酸が配合されている点も、健脳を目指したい方におすすめです。

アルファベスト核酸入り
生ゼリータイプについて詳しく見る

カプセルタイプ

ファンケル 大豆レシチン※製造・販売中止

大豆レシチン、ホスファチジルコリン、リン脂質成分が効率良く吸収できるよう独自開発された複合配合でつくられています。

ファンケルの大豆レシチンについて
詳しく見る

※現在製造・販売が中止されています

DHC レシチン

イソフラボン・サポニンなどの有効成分が含まれる大豆から抽出された植物性レシチンが成分のサプリメント。

DHCのレシチンは、純粋にレシチンのみを配合したサプリメントです。そのため余分な栄養素は他のサプリや食事から補給しているという方にもオススメのサプリメントです。

DHCのレシチンについて
詳しく見る

卵黄コリン はつらつ力【ビタミンB群配合】

卵黄に含まれる貴重成分レシチンが凝縮された、1995年から愛されているロングセラーのサプリメント。日本で生産される卵の約10%を扱うキユーピーの製品です。

レシチンに加えてナイアシンやビタミンBa、E、B6、B2、B12、亜鉛などが配合されている卵黄コリン はつらつ力【ビタミンB群配合】。

卵黄コリン はつらつ力
【ビタミンB群配合】について
詳しく見る

シャクリーレシチン

厳選した大豆から精製されたレシチンをカプセル化、生命の基礎物質レシチンを効率良く補給できるサプリメント。脂肪分の多い食事が好きな方におすすめ。

大豆由来のレシチン以外は、カプセルにするために必要なゼラチンとグリセリンしか使用していないため、余分な栄養素は特に必要ないという方におすすめです。

シャクリーレシチンについて
詳しく見る

DHA&EPA&ホスファチジルセリン&レシチン

DHA・EPA、合わせて摂ることで相乗効果がある大豆由来レシチン、ブレインフーズであるホスファチジルセリンを高濃度で配合されている。

1日あたりの推奨摂取量、3カプセル中には大豆295粒分のレシチンが配合されているDHA&EPA&ホスファチジルセリン&レシチン。DHAやEPAも商品名通り豊富に配合されています。原料の精製魚油には残留水銀など有害物質が含まれていないか、しっかりと検査されている点も安心です。

DHA&EPA&ホスファチジルセリン&
レシチンについて詳しく見る

エグノリジンS

全国の医療機関でも導入されているDL/POホスファチジルコリンを凝縮したサプリメントです。大豆由来と卵黄由来、どちらのタイプのレシチンも配合されているエグノリジンS。卵黄レシチンは卵黄25個分(2粒あたり)、大豆レシチンは大豆6000粒分(2粒あたり)も含まれています。

エグノリジンSについて
詳しく見る

マコマ レシチン

大豆レシチンを使用したレシチンサプリメントです。マコマのレシチンサプリには、ゼラチンやグリセリンなどカプセル状にするために必要な成分以外の原材料はレシチン以外、何も使われていません。そのため、純粋に大豆レシチンのみを補給できます。

マコマ レシチンについて
詳しく見る

ホメオスレシチン

ホスファチジルコリン、リン脂質、オクタコサノールが含まれたサプリメントです。オクタコサノールを配合するサプリメントはそれほど多くありません。

ホメオスレシチンについて
詳しく見る

リアルサプリ 大豆レシチン

リーズナブルなリアルサプリ 大豆レシチンには、大豆由来のレシチン以外に、タンパク質も豊富に配合されています。香料や防腐剤、保存料を一切使っていないため、安心して補給できます。

リアルサプリ 大豆レシチンについて
詳しく見る

source naturals レシチン

アメリカのサプリメントのパイオニアsource naturalsの大豆由来レシチンサプリメント。こちらも大豆由来のレシチン以外には、ゼラチンなどカプセル化するための成分以外は配合されていません。

source naturalsのレシチンについて
詳しく見る

ホッセリン 無添加サプリメント

厳選した大豆レシチンからキャベツ酵素で抽出した成分を使ったサプリメント。添加物、防腐剤、香料は一切使っていないので安心です。また、大豆レシチン以外の成分は特に配合されていませんので、他のサプリメントと安心して併用できます。

ホッセリン 無添加サプリメントについて
詳しく見る

レシチンサプリは食事のサポートとしておすすめ

世界保健機構(WHO)の食糧専門委員会※において、レシチンを摂り入れる際に摂取量を制限しなくてもよいと説明されています。レシチンのサプリメントは、原料となる大豆の原産国や製造方法で、効果に違いがみられますが、バランスの良い栄養補給が可能になります。

レシチンは摂取量の制限がなく安全性が高いといっても、サプリメントは食事のサポートとしてとどめておくことが大切です。

▲ページの先頭へ