適度な運動やコミュニケーションで脳を活性化

このページでは、適度な運動をすること、他者とコミュニケーションをとること、目標を立てて挑戦することで、脳を活性化できることについて解説します。

適度な運動で脳を活性化させましょう

最近集中力がなくなった、忘れっぽくなった、なんだか頭がボーッとする、そんな方は脳機能が衰えているのかもしれません。脳は積極的に使っていないとどんどん衰えていってしまうので、常日頃から脳を使って活性化する必要があるのです。

脳の前頭葉は運動や思考にかかわる重要な器官で、

  • 前頭前野
  • 運動前野
  • 運動野

の3つに分けられます。 まずは朝起きてウォーキングやラジオ体操など軽い運動をしましょう。体を動かすと前頭葉の運動野が活性化し、脳の血流がよくなり、脳全体も活性化します。10分程度でも良いので積極的に体を動かすようにしましょう。

コミュニケーションをとって脳を活性化させましょう

家族や周囲の人達と会話をすることも、脳の活性化に効果があります。考えていることを話したり、耳から聞いた話や情報を理解するということで、脳がウォーミングアップされるからです。コミュニケーションを取る相手がいない時には、本を朗読してみましょう。目で字を読むのではなく、声を出して読むことで、脳を活発に働かせることができます。

目標を立てて挑戦することで脳を活性化させましょう

勉強、仕事、趣味などを行う時には、目標を立てて挑戦するようにしましょう。目的を達成することで、ドーパミンが働いて脳が活性化します。

また、制限時間を決めて作業を行うと、脳のパフォーマンスを上げることができます。時間を追うごとに脳の中には情報が詰め込まれていくので、脳が情報を整理するために1時間くらいで一旦少し休むのがおすすめ。効率よく作業を進めることができるのです。

レシチンがやる気を引き出す

今まで仕事がはかどっていたのに、なんだか急にやる気が出なくなった、ということはありませんか。そういう時は、食事によって生成された神経伝達物質アセチルコリンが減ってしまったことが原因です。アセチルコリンの原料であるレシチンを摂取することで、やる気を引き出すことができます。 食事から必要量のレシチンを摂るのはなかなか難しいのですが、サプリメントなら効率よくレシチンを摂取することができるので、おすすめです。

おすすめのレシチンサプリをチェック