コミュニケーションをとって脳を活性化

このページでは、ストレスが脳に及ぼす影響、神経伝達物質が減ることで起こる症状、ストレスをためないにはコミュニケーションが大切なことなどについて解説します。

ストレスが脳に及ぼす影響

ストレスのせいで嬉しくても喜べない、物事についてよく考えられない、つい攻撃的になってしまう…といった経験がある方も多いのではないでしょうか? これはストレスが脳に影響を与えているからなのです。

人間の脳は前頭部が思考、後頭部が知覚・筋肉の動きなどの運動的な働きを司っているのですが、ストレスが多い状況で、は脳内のアセチルコリンなどの神経伝達物質が減ってしまい情報の流れが妨げられてしまうため、前頭部が上手く働かなくなってしまうのです。

神経伝達物質が減るとどうなるの?

慢性的なストレスが続いていると、脳の前頭部が上手く機能しない状態が続いて、脳が損傷してしまいます。

また、神経伝達物質が減ることで幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの生成が減少するので、うつ病・物忘れ・無気力・不眠症・摂食障害・アルツハイマー病などを引き起こすリスクが高くなることが、研究調査によって実証されています。

ストレスをためない生活習慣を送るには?

それではストレスをためないためにはどうしたらよいのでしょうか?ストレスの多い人は、コミュニケーションをあまりとらない人が多いようです。閉じこもらずに誰かとコミュニケ―ションをとることは、ストレスをためない上で、とても重要なことです。

具体的には、くよくよ1人で悩まず誰かに相談して吐き出す、沢山の仕事を1人でしようとせずにコミュニケーションをとって助けてもらう、会社以外の友人ともつきあう、仕事だけでなく趣味を持ちサークル活動などに参加する、などがあります。

他にも日常的に以下のような点について心がけていればストレスケアができ脳も活性化することができます。

  1. 睡眠不足や乱れた食習慣を見直して規則な生活を送る
  2. ウォーキングなど軽い運動をする
  3. 部屋を掃除して気持ちをスッキリさせる
  4. 早寝早起きする
  5. 良い仕事をするために休息をとる

ストレスにはレシチンが効果的!

ストレスをまったく受けない生活をするのは現代社会において、とても難しいことです。ストレスが溜まらないように、こまめにストレスケアをしましょう。

ストレスによってアセチルコリンなどの神経伝達物質が不足すると、脳が上手く機能できなくなってしまいます。

ストレスにはアセチルコリンの原料であるレシチンの摂取が有効です。レシチンを摂ることで神経伝達細胞が作りやすくなるので、ストレスを受けにくくなるだけでなく、細胞膜も強化されデトックス効果も高まります。

食事だけで1日必要量のレシチンを摂ろうと思ってもなかなか難しいのですが、サプリメントなら簡単に摂ることができます。

おすすめのレシチンサプリをチェック