脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド  » 認知症を予防する“健脳生活”を心がけよう

認知症を予防する“健脳生活”を心がけよう

発症の25年前から始まると言われている「認知症」は、早期発見が大切です。

  • 同じ話を繰り返す
  • 名前がなかなか出てこない
  • やる気がなくなった
  • 忘れっぽくなった

などの初期段階でみられる兆候を知って早い段階で脳を鍛えれば、認知症の進行スピードを遅らせることもできます。 こちらのカテゴリーでは、脳によい生活を送るための心がけや、認知症を予防する健脳生活について解説しています。

脳によい健脳生活を送るには?

2025年には日本人の700万人以上がなると言われている「認知症」は、脳の認知機能が低下することが原因で起こる病気です。こうすれば認知症にならないという方法はわかっていませんが、認知症になりにくくするために、脳に良い生活を送れば良いということはわかってきています。

そのためには

  • バランスのとれた食生活をする
  • 週に3日くらいは運動する
  • 人と積極的に付き合う
  • 文章を書いたり読んだりする
  • 睡眠を十分にとる

など脳によい生活を送ることが重要です。

バランスのよい食事が“脳力”を上げる

同じ食事や栄養素だけ摂らずに「栄養バランスの良い食事をとる」、コンビニのお弁当や外食が続いて栄養バランスのとれた食事をとることができない時には「サプリメントで補うようにする」、「献立メニューを考えて調理・盛り付けをする」などを実践することで脳を活性化させることができます。

バランスのよい食事が“脳力”を上げるについて詳しく見る

適度な運動やコミュニケーションで脳を活性化

積極的に使っていないと脳はどんどん衰えていってしまうため、いつも脳を使って活性化させましょう。

ウォーキングやラジオ体操などの運動をして体を動かす、家族や周囲の人達と会話をしたり本を朗読したりする、目標を立てて挑戦してドーパミンを出すことなどで脳は活性化します。

適度な運動やコミュニケーションで脳を活性化について詳しく見る

ベストな腸内環境は脳にもイイ!脳腸相関を知る

機能性消化管疾患(消化器症状があるのに、器質的異常を認めないもの)により、お腹の症状だけでなく精神神経症状を伴う脳腸相関現象を患っている人が増えています。これは、腸内フローラ異常などで腸内環境が乱れてしまい、腸から脳に伝達する信号に異常が生じていることが原因です。

また、腸には「第二の脳」とも言える独立神経ネットワークがあり、脳と密接に関係しています。食物繊維、発酵食品、乳酸菌などを積極的に摂って腸内環境を良くすることが大切です。

ベストな腸内環境は脳にもイイ!脳腸相関を知るについて詳しく見る

コミュニケーションをとって脳を活性化

ストレスフルな生活を送っていると、脳内アセチルコリンなどの神経伝達物質が減少し、情報の流れが妨げられてしまいます。そうなると、うつ病・無気力・不眠・摂食障害・物忘れ・アルツハイマー病などを引き起こすリスクが高くなります。ストレスをためないためには閉じこもらず、誰かとコミュニケ―ションをとることがとても重要です。

コミュニケーションをとって脳を活性化について詳しく見る

鍛えることで認知症の発症を遅らせられる3機能

認知症はすぐに発症するものではなく、徐々に進行していく病気です。早期発見し、認知症の一歩手前である「軽度認知障害」の時点で対処できればその進行を抑えることが出来ます。認知症の初期段階では「エピソード記憶」「注意分割機能」「計画力」の3つの機能が衰えると言われていますが、普段から意識して鍛えることでこれらの機能低下を食い止められます。

鍛えることで認知症の発症を遅らせられる3機能について詳しく見る

「感動」は脳を活性化させる

ストレスを溜め込んでしまうとセロトニン神経が弱くなり、精神安定に必要なセロトニンの分泌が難しくなってしまいます。精神のバランスを保つためには、ストレスを解消することが大事です。脳に良い影響を与えるために効果的なのが「感動する」こと。涙を流し、感動をすることでストレスが解消され、脳の活性化につながります。

「感動」は脳を活性化させるについて詳しく見る

レシチン サプリメントおすすめ3選!

含有する栄養素の数とレシチン100gあたりの価格で比較しました。病院でも処方されるほど効果を認められているサプリもあるようです。