レシチンのことをどこよりも詳しく解説

レシチンがたっぷり摂れる
おすすめサプリメントを見る

脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド » レシチンとは?基礎知識から学ぼう » レシチンを構成する成分について

レシチンを構成する成分について

レシチン

このページでは、ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルイノシトール、ホスファチジン酸などレシチンの代表的な成分やビタミンB群、その他のリン脂質について解説しています。

代表的な4種類の成分

レシチンはリン脂質を主体とする混合物で、代表的な成分である

  • ホスファチジルコリン
  • ホスファチジルエタノールアミン
  • ホスファチジルイノシトール
  • ホスファチジン酸

などからなり、細胞膜、脳、神経組織、筋肉など動植物の細胞に存在する重要な栄養素です。

リン脂質は脂肪酸、リン酸、アルコール、その他の物質との化合物で、生体の細胞膜を形成したり、脂質を運搬したりする働きを持つワックス状の固体です。

ホスファチジルコリン(phosphatidylcholine、PC)

ホスファチジルコリンは、副交感神経の発する命令を、身体や脳に伝達する神経伝達物質「アセチルコリン」の原料となる物質で、リン脂質の一種です。以下より、もう少し具体的なお話をしていきます。

様々な病気の予防に一役買ってくれる

記憶力、判断力、集中力などの脳の活動に大きな影響を与え、アルツハイマー病、認知症などの予防効果が期待できます。さらに善玉コレステロールを増やす働きも兼ね備えています。

動脈硬化予防になり大病のリスク軽減

肝臓にとどまり脂質を代謝させることによる保護や、血管の中でコレステロールが付着防止など、血中コレステロールを減少させて動脈硬化の予防に役立ちます。動脈硬化を予防することで心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中といった大病のリスクを軽減できます。

美肌の改善効果も期待できる優れもの

血液中のコレステロールが排泄されることで、血流が改善されて栄養素が全身に行き渡るようになります。肌が必要とする栄養素の滞りがなくなるため、肌の美しさを維持できます。

生卵を食すことで多く摂取できる

ホスファチジルセリンを大量に手軽に摂取できる食品が生卵になります。悪玉コレステロールの根源と言われ続けていた生卵は、実は善玉コレステロールを増やす力を持っている食品だったのです。また、生卵に合わせてビタミンB12を摂取すると効率よく体内に取り込むことができます。

ビタミンB12は、海苔やかつおぶしに多く含まれています。したがって、卵かけご飯にかつおぶしを掛けて、海苔で巻いて食べると効率よく摂取できます。また、サプリメントも多く販売されているため、生卵が苦手な場合、こちらも選択肢に入れておくと良いでしょう。

ホスファチジルエタノールアミン(phosphatidyleethanolamine、PE)

ホスファチジルコリンの次に多いリン脂質で、細胞膜の主要成分の1つとなっています。別名をケファリンといい、ホスファチジン酸のリン酸基とエタノールアミンが結合したものです。血小板に存在していて、血液を凝固させる因子の1つです。

ホスファチジルイノシトール(phosphatidylinositol、PI)

ビタミンBの一種で細胞内の情報を伝達するための重要な化合物です。多くのホルモンのシグナル情報を伝達したり、成長因子・神経伝達物質などと関係しています。 肝臓の脂肪代謝を正常に保ち、中性脂肪の蓄積を防ぐ効果があるので「抗脂肪肝ビタミン」ともいわれ、 脂肪肝を防ぐ効果があります。

ホスファチジン酸(phosphatidic acid、PA)

生体の細胞膜の重要な構成要素で、他の脂質との生合成での前駆体として利用されます。小胞分裂や融合を促進したり、シグナル情報を伝達するなどの機能を持っています。

ビタミンB群

健康で新しい細胞を作るために欠かせない栄養素で、不足すると肌荒れ、吹き出物、ニキビ、口内炎などの原因となります。 また神経系の機能を正常に保つ働きがあるので、うつ病やストレスに効果があります。 ビタミンB群は水溶性ビタミンなので摂取後、数時間で体外に排出されてしまいます。

その他のリン脂質

そもそもリン脂質とは?

リン脂質とは、一言で言えば「身体の細胞を作るための必須な成分」です。知名度は低いですが、非常に重要な役割を担っている成分となっているため、積極的に摂取をしていくことが大切になります。

不足すると身体に不調をきたしてしまう

では、このリン脂質が不足をしてしまうと、身体にどのような影響を及ぼしてしまうのか?見出しには、不調をきたしてしまうと記載されていますが、具体的には、悪玉コレステロールや中性脂肪が増加してしまうことに繋がります。

理由は、体内の細胞膜を作ることができなくなるからです。さらにこれが要因となり、血管が硬くなり動脈硬化を引き起こす可能紫衣が高くなります。そうなると芋づる式に、心筋梗塞などの血が詰まってしまう大病を発症してしまう危険性が高まります。

判断する力も乏しくなる可能性がある

リン脂質の不足は、体調を悪くするだけではなく、脳にも影響を及ぼしてしまう可能性があります。実は、このリン脂質は脳が活動するときにも必要となる成分となっています。これが不足するということは、脳の働きが悪くなると同等の意味になってしまいます。

結果、判断する力だったり、記憶する力など、様々な問題を発症させてしまいます。さらに、リン脂質は、アセチルコリンを作るための必要な成分にもなります。このアセチルコリンは、脳の神経細胞を伝達させるための物質になります。つまり、反応する力も低下させてしまう可能性を秘めています。

リン脂質を多く含んでいる食品の紹介

結論から言えば、煮干しになります。煮干しをかじっているだけで、リン脂質を摂取することができます。他にも、スルメなどにも多く含まれているため、顎を鍛えると同時に摂取することが可能です。一般的な食材では、やはり卵黄になります。他にも、プロセスチーズや高野豆腐なども挙げられます。

調理しやすい食品が多いため、積極的に摂取することができるはずです。絶対に必要になる成分のため、意識して食品選びをするとよいでしょう。ただ何事も度が過ぎるとよくないため、適量を摂取するようにしましょう。

レシチンを構成しているその他のリン脂質には、「ホスファチジルセリン」や「スフィンゴミエリン」があります。ホスファチジルセリンの分類は、ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルイノシトール、ホスファチジン酸と同じ「グリセロリン脂質」です。

スフィンゴミエリンは「スフィンゴリン脂質」です。リン脂質は化合するアルコールの種類によって分類され、グリセロールと化合するものは「グリセロリン脂質」、スフィンゴシンと化合するものは「スフィンゴリン脂質」となります。

レシチンは上記の成分で主に構成されていますが、食事で摂るとなるとたくさんの量を摂る必要があります。そのため、サプリメントで摂るのがおすすめです。

レシチンを摂取できるサプリはコチラ

▲ページの先頭へ