レシチンを多く含む食品

このページでは、レシチンを豊富に含む食品や成人が1日に必要なレシチン量、食事で摂るならどのくらい食べればよいか?などを紹介しています。

レシチンを豊富に含む食品

レシチンは大きく分けると大豆レシチンと卵黄レシチンの種類に分かれます。

大豆レシチンは、長く血液中に留まってコレステロールが血管壁に付かないように乳化させます。卵黄レシチンは、神経伝達をスムーズにします。

動植物の細胞の主成分となっているレシチンは身体にとってなくてはならない成分ですが、どんな食品を摂取すればよいのでしょうか?

レシチンを豊富に含む食品(100gあたりの量)

下記の食品にレシチンは豊富に含まれています。

卵類

卵黄身(生) 630mg
全卵(生) 240mg
白身魚卵  220mg

肉類

茹で鶏レバー 210mg
焼いた牛肉赤身 91mg
炒めた豚肉ベーコン 87mg
焼いた鶏肉 46mg

大豆類

木綿豆腐 19mg
豆乳 5.7mg

野菜・果物類

茹で冷凍枝豆  46mg
茹でホウレンソウ 22mg
茹でブロッコリー  21mg
茹でアスパラガス 15mg
乾燥パセリ 72mg
イチゴ 4.2mg

(引用元:株式会社光洋商会:http://www.koyojapan.jp/pdf/TOPIX_174.pdfより抜粋)

1日に必要なレシチン量

フロリダ大学のフローレンス・サフォード教授の研究では50~80代の記憶に難点のある41人に対し、毎日500mg、5週間の間レシチンサプリメントを摂取させたところ、物忘れや人の名前が思い出せないという現象が半減したという報告があります。

また、薬学博士である生田哲先生の著書には記憶力を最大にするには1日1~2g(1000~2000mg)のレシチン摂取がおすすめであることが書かれています。

レシチンは食品からも摂取できるので、認知症の予防や進行を抑えるためにサプリメントで摂取する場合は1日0.5~1g(500~1000mg)が良いと言われています。

食事で摂るならどのくらい?

レシチンはどんぶり一杯の大豆からスプーン1杯(2%)しか抽出できません。 もし食事からレシチンを摂取しようとする場合、1日の食事全てを大豆料理にしなければならず、あまり現実的ではありません。

レシチンを効率よく摂取するためにはサプリメントを上手に活用することをおすすめします。

おすすめのレシチンサプリをチェック