レシチンのことをどこよりも詳しく解説

レシチンがたっぷり摂れる
おすすめサプリメントを見る

脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド » レシチンとは?基礎知識から学ぼう » 大豆レシチンと卵黄レシチンの違いとは

大豆レシチンと卵黄レシチンの違いとは

このページでは、卵黄レシチンと大豆レシチンとの違い、それぞれの特性やメリット・デメリットについて紹介します。

大豆レシチンと卵黄レシチン どこが違うの?

レシチンには大豆レシチンと卵黄レシチンがありますが、その違いは原料が何かで分けられています。大豆レシチンは大豆や大豆から作られる食品に含まれ、卵黄レシチンは卵の黄身に含まれます。

また、レシチンに対するホスファチジルコリンの量は大豆レシチンが22~26%くらい、卵黄レシチンが68~72%くらいとなっています。

基本的には両方ともレシチンなので、効果や働きに大きな違いはありません。摂取する場合は、それぞれの特性を良く理解した上で、目的にあった方を選ぶと良いでしょう。

大豆レシチンの特徴

レシチンは大豆に多く含まれているので「大豆レシチン」とも言われることが多いですが、大豆レシチンは大豆リン脂質に含まれているホスファチジルコリンのことです。

また、大豆リン脂質から抽出される大豆レシチンとホスファチジルセリンが同じものとされていることもありますが、厳密にはそうではありません。大豆レシチンとホスファチジルセリンはリン脂質の中に共存している別の成分なのです。

大豆レシチンは肝臓や血管中にとどまって肝臓を保護します。血中コレステロールを減少させるので動脈硬化予防の効果も期待できます。

認知症やアルツハイマーの予防や緩和については、卵黄レシチンの方が効果が高いと言われています。

大豆レシチンのメリット・デメリット

メリット

  • 消化・吸収の良い良質のたんぱく質が豊富
  • 動脈硬化予防やコレステロール値を下げるリノール酸が含まれている
  • 血圧を下げることに期待できるカリウムが含まれている
  • お通じを良くする食物繊維が豊富
  • 自律神経を正常に保つビタミンBが含まれている
  • 血行を良くするビタミンEが含まれている

デメリット

  • 大豆アレルギーの方は摂取できない
  • 酸化しやすい
  • 食品から摂取するには大量の大豆を食べなくてはいけない

レシチンを大豆そのものから摂取するには

目安量を食品から摂るのは現実的ではない

レシチンの1日の摂取量は特に決められていませんが、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの原料となるコリンの推奨摂取量が成人女性で1日425mgとされています。コリンはレシチンが良い供給源となるため、レシチンの摂取量が増えるとコリンの摂取量も増加することになります。

例えば、1日に400mg以上の大豆レシチンを食事から摂取しようと思うと、木綿豆腐なら2,000gを食べなければなりません。1日で400gの木綿豆腐を5丁も食べることは現実的ではありませんね。

レシチンを効率的に摂取できるサプリ一覧はコチラ

卵黄レシチンの特徴

卵黄に多く含まれている卵黄レシチンは、大豆レシチンよりもホスファチジルコリンが多く含まれます。

ホスファチジルコリンは、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの合成に不可欠なもので、集中力や判断力、記憶力を上げ、認知症やアルツハイマー病を予防する効果が期待できます。

アルツハイマー型認知症の脳は健常者よりもアセチルコリンが少ないことも確認されています。

肝臓や動脈硬化などに対する効果は大豆レシチンの方が高いです。

卵黄レシチンのメリット・デメリット

メリット

  • 栄養価の高いたんぱく質が多い
  • 目の機能を守るビタミンAが含まれている
  • 風邪予防や精力向上にも効果が期待できる

デメリット

  • 食品アレルギーがある
  • 食物繊維やビタミンC等が含まれていない
  • コレステロールが多い

卵黄レシチンを摂る際の注意点

また、卵黄レシチンは、生で摂り、なおかつビタミンB12と一緒に摂らないと効果が出ないとも言われているので、摂取の際は注意が必要です。

さらに、レシチンが多く含まれているからと言って卵黄をたくさん食べてしまうと、コレステロールも多く摂取してしまうことになるので、摂取量に気を付けなければならないでしょう。

肝臓病やコレステロールが気になる場合は大豆レシチンが、認知症などが気になる場合は卵黄レシチンがおすすめです。レシチンをサプリメントで摂取する場合はレシチンの種類を確認してから選びましょう。

▲ページの先頭へ