K・リゾレシチンは更年期の予防・症状緩和にも効果的

更年期に効果的と言われている、K・リゾレシチンの成分や効果はもちろん、更年期の症状や原因を解説していきます。

更年期とは?

まずは「更年期」何かを紹介します。症状や原因についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

女性の卵巣の機能は30代をピークに次第に低下して、閉経を迎えます。閉経とは12ヶ月以上月経が来ないことをいいます。閉経年齢は早い人は40代前半、遅い人は50代後半とばらつきがありますが、閉経の前後5年間にはさまざまな不調を感じることが多くなり、更年期と呼ばれます。

さまざまな不調のうち、他の病気はともなわない場合は「更年期症状」、生活に支障をきたすほど症状が重い場合は「更年期障害」と呼ばれます。名称は異なりますが、女性にとって、どちらも辛い症状なのは間違いありません。

男性も年齢を重ねると「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が急速に減少することで更年期の症状が起こります。男性の更年期症状については「LOH症候群」とも呼ばれます。

更年期の症状・障害と原因

更年期によく見られる症状は以下のようなものです。詳しく解説します。

  1. 自律神経の失調による症状
    のぼせ・ほてり、冷え性、発汗、動悸、頭痛、肩こり、めまい、疲労感
  2. 精神的不調
    イライラしやすい、情緒不安定になる、怒りっぽくなる
  3. 身体的症状
    皮膚の乾燥・かゆみ、食欲不振、腰痛、関節痛

更年期の症状・障害の原因

更年期の不快な症状の主な原因は卵巣の機能低下により、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少することです。卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少で脳内ホルモンのバランスが変わり、自律神経が影響を受けてさまざまな不調が起こります。大脳皮質が変化によるストレスを受けることで精神面のバランスも崩れてしまいます。

K・リゾレシチンで更年期障害の予防・症状緩和

更年期の不調に効果が期待されるのがレシチンです。レシチンは天然の精神安定剤ともいわれています。レシチンに含まれる「コリン」が更年期の諸症状の緩和、予防を助けます。コリンは神経伝達物質を活性化するアセチルコリンの材料となります。

体内に効率よく吸収されるK・リゾレシチンならより早く血液脳関門を通過して脳神経細胞に届きます。1日も早く更年期の不快な症状の緩和・予防がしたい方におすすめです。

K・リゾレシチンで更年期と上手に付き合う

今回は、更年期の症状や原因、そして更年期の症状を緩和する効果があると言われているK・リゾレシチンについて紹介しました。

更年期の症状は、非常に辛いもので。更年期の症状や原因をしっかりと理解した上で、必要な対策を、しっかりと取ることが大切になります。更年期でお悩みの女性は、今回の記事を、ぜひ参考にしていただき、上手に更年期と付き合ってくださいね。

参考:日本産科婦人科学会「更年期障害」

レシチン サプリメントおすすめ3選!

含有する栄養素の数とレシチン100gあたりの価格で比較しました。病院でも処方されるほど効果を認められているサプリもあるようです。