うつなどメンタル面の病気に対するレシチンの働き

このページでは、メンタル面に現れるうつなどの病気の症状や、レシチンを摂り入れてメンタル面に変化を感じた方の体験談ついて紹介しています。

うつ病などメンタル面に現れる病気について

うつ病などのメンタル面に問題がある病気の原因は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内物質や、脳の神経伝達物質が不足することによって起きると言われています。

日常生活において食欲に対する意思行動や喜怒哀楽の感情表現などは、脳の神経細胞同士の情報伝達によってコントロールされています。そのため、この情報伝達物質に異変が起きてバランスが崩れてしまうと、メンタル面に問題が起きてしまいます。

脳の神経伝達物質がバランス良く働いていれば脳の機能は正常に保たれますが、過労や過剰なストレス、ショックな出来事などによって伝達物質が減少してしまうと、うつ病などの症状を引き起こしてしまうのです。

うつ病は、風邪や頭痛や腹痛などのように始まった日を特定することはできません。ある時、いつもと違う状態になっていることでわかるのですが、うつ病であると自覚することは少ないです。

うつ病が原因で仕事の上でミスを重ねていても、うつ病だと気づかず、自分の不注意のせいだと思い詰めてしまう人がいます。その一方で、うつ病を放置すると症状はどんどん進んでしまいます。

本人が気づいていなくても、家族や職場の人なら「いつもと違う」と感じるはずです。なるべく早いうちに気づいてあげることがとても大切です。

うつ病の治療方法

うつ病の治療はSNRIやSSRIなどの抗うつ剤で症状を抑えますが、これは脳内物質の異常を正常化するのではなく、脳神経の受容体にフタをするものです。

人によっても症状が異なり、ノルアドレナリンやセロトニンだけでなく、メラトニン、ドーパミン、アセチルコリンなどの物質も関係してくるので、抗うつ剤だけで十分に症状を抑えることが難しい場合もあります。

レシチンは、細胞の内外をつなぐ細胞膜の構成成分であり、栄養素を取り込み余計なものを排出しています。そのため、レシチンを摂取することで、体内が活性化され、神経伝達物質の授受がスムーズになるため、脳の働きの正常化へとつながり、うつ病の症状への改善が期待されます。

メンタル面の病気への不安があるなら、レシチンの摂取がおすすめです。サプリメントなら1日に必要なレシチンの量を簡単に摂ることができます。つらい症状を緩和して、いつもの元気を早く取り戻しましょう。

おすすめのレシチンサプリをチェック

レシチンでメンタル面の症状に変化を感じた人の体験談

すっかり体調が良くなり…
夫が死亡したことが原因で体調が悪くなり、精神科でうつ病の診断を受け、6年間投薬と入退院を繰り返してきました。しかし、いっこうに症状が改善しない私を見て、友人が某クリニックを紹介してくれました。そこで医師と栄養士さんの食事指導を受け、抗うつ剤をやめてレシチンと栄養療法に切り替えました。抗うつ剤を使用したいた時は下痢と便秘を繰り返していましたが、今ではすっかり体調が良くなり、今では早朝の散歩やラジオ体操も元気に行うことができるようになりました。(60代・女性)

 

色々なことに希望を持てるようになりました
もともとストレスには強い性格だったのですが、金銭面のトラブルから突然うつ病になりました。何もする気が起きず、家の会社の往復以外は外出もせず、休日は布団の中にいるだけで、家事もしないという生活が続きました。そんな私を心配した友人がレシチンのサプリを持ってきてくれました。それを摂ってからは頭がスッキリし、半年たった今では色々なことに希望を持つようになり、何でもやってみたいと思うようになりました。ここまで回復できたのはレシチンのおかげと感謝しています。(30代・女性)

 

抜け殻のような毎日だったのが、パートの仕事もできるように!
20代後半くらいからヒステリックになり、会社の同僚とも上手くいかず退職。30歳を超えた頃からは躁鬱病の症状が現れてきました。母に連れていかれた病院から抗うつ剤を出してもらって飲んでいましたが、何もする気がせずに抜け殻のような毎日を過ごしていました。たまたま会った友人に自分のことを話したところ、レシチンのサプリメントを勧められ飲んでみることに…。2週間目くらいから朝の目覚めが良くなり不眠症だったのが嘘のように…。1ヶ月後にはイライラやヒステリックな感情も起きなくなりました。今はパートの仕事もできるようになり、薦めてくれた友人に感謝しています。(30代・女性)