認知症に対するレシチンの働き

認知症の概要や種類について解説し、レシチンを摂り入れて認知症の症状が改善した方の体験談ついて紹介します。

認知症ってどんな病気?

認知症は記憶したり考えたりという脳の認知機能が低下してしまい生活に支障が出る状態になる病気です。超高齢化社会に突き進む日本では認知症患者の数も増え続け2012年には462万人、厚生労働省の試算によると2025年には700万人以上になると言われています。認知症になる可能性がある軽度認知障害者(MCI)も合わせると、65歳以上の4人に1人が認知症になるという計算になります。

認知症の種類

認知症の種類には

  • 脳血管型認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • レビー小体型認知症
  • アルツハイマー型認知症

があります。この中で多いのがアルツハイマー型認知症で認知症全体の50~60%を占めます。次に多いのが脳血管型認知症で全体の20%くらいを占めています。 原因はそれぞれ異なりますが、まだ全て完全に解明されてはいません。 ただ「アルツハイマー型認知症は、脳内のアセチルコリンが減少して発症する」ということはわかっています。

アルツハイマー型認知症の脳の異変は20年前から起きていると言われ、最近では若年性認知症も増えています。老人の病気だからと油断せずに、若いうちから予防することが大切です。

認知症の予防に効果があると最近注目されているのがレシチンです。 卵黄や大豆に多く含まれるレシチンですが、必要量を食物から摂るには大量に食べる必要があります。効率よくレシチンを摂取するならサプリの活用もおすすめです。

おすすめのレシチンサプリをチェック

レシチンで認知症の症状に変化を感じた人の体験談

イライラがなくなり、買い物にも行けるように…
数年前から言動がおかしいと言われ、病院で検査してもらったところ認知症という診断を受けました。医者からもらった薬を飲んでいたのですが、イライラして暴力的になり家族を殴ったり大声をだしたりするようになりました。友達に紹介されたクリニックで食生活指導を受け、断薬をしてレシチンのサプリメント摂取を開始したところ、2ヶ月ほどでイライラがなくなり体調も良くなりました。認知症の症状も改善され買い物にも行けるようになりました。(80代・男性)

 

眠れなかったのがウソのよう…
3年くらい前から記憶力が曖昧になって家事ができなくなり、不眠にも悩まされていました。かかりつけ医に認知症と判断され悩んでいました。そんな時、知り合いの通っているクリニックを紹介してもらい、レシチンのサプリメントを飲み始めました。2ヶ月後には不眠だったのが眠れるようになり、料理や買い物もできるようになりました。真っ白だった頭髪も黒くなってきてビックリしました。(70代・女性)

 

物忘れの症状も緩和され…
顔はわかるけど名前が出てこない、前に話したことがあるのに誰だったかわからないというようなことが増え、もう歳だからと言っていたのですが、友人から物忘れにいいというレシチンのサプリメントをすすめられて飲んでみました。すると数日間で頭がすっきりし、何でも迷わずに判断できるようになりました。物忘れも症状が緩和されていきました。以前は歳だからとあきらめていたのが、思い出そうという気持ちもわいてくるようになり、レシチンの効果に驚いています。レシチンのおかげで認知症にならずに老後を過ごせそうです!(60代・女性)