発達障害に対するレシチンの働き

このページでは、発達障害に関する情報と、レシチンを摂り入れて発達障害の症状が緩和された方の体験談ついて紹介しています。

発達障害ってどんな病気?

発達障害は、脳の機能障害の1つで遺伝・先天的な病気です。

他人とのコミュニケーションが上手くとれない、わかりきったルールを守れない、集中力がなくなる、何かする時に抜けやミスが多くなるなど、正常な社会生活を送ることが困難になります。知的障害を伴わないことが多いので、気づかれにくいという特徴があります。

発達障害になる理由については、まだ詳しく解明されていませんが、かつてはワクチンが原因であるとか親の愛情が足りないなどが理由と言われていたこともあります。しかし、最近の研究で発達障害には遺伝と環境が関係していることがわかってきています。

発達障害の種類

発達障害は、大きく分けると

  • 自閉スペクトラム症(ASD)※以前はアスペルガー症候群(AS)と言われていた
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

の3つになります。

自閉スペクトラム症(ASD)

「自閉スペクトラム症(ASD)」は、相手の気持ちを考えたりして行動する社会性や自分の思っていることを伝えるコミュニケーションが難しくなり、自分で決めた環境やルールに固執するようになります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

「注意欠如・多動性障害(ADHD)」は、そそっかしく落ち着きがなくなり、思いつきで行動したり、ミスが多くなったりといった症状がでます。

学習障害(LD)

「学習障害(LD)」は子どもの場合、読書きが難しかったり、数の概念が理解できなかったりなどの症状がありますが、大人になると読書きができなくてもコンピューターやスマホなどがあるので学習障害は目立たなくなります。

しかし、マニュアルなどを読んでも理解ができず上手く作業ができない、仕事がなかなか覚えられない…など仕事をする上で困難な状態になります。

発達障害の症状に働きかけると最近注目されているのが、脳の機能を高めるレシチンです。毎日の食事から必要量を摂るのは難しいのですが、サプリメントなら効率よくレシチンを摂取することができます。

おすすめのレシチンサプリをチェック

レシチンで発達障害の症状に変化を感じた人の体験談

レシチンを摂ってから、楽しそうに遊ぶように…
息子が1歳の時に離婚したのですが、そのころから息子が自閉スペクトラム症の症状が現れ、5歳になっても回復しませんでした。あるとき友達の誘いで某クリニックの医師が行う講演に行ったところ、自閉スペクトラム症にはレシチンが良いという話を聴き、講演後に個人的に摂取方法などを指導していただきました。すぐに息子にサプリメントを食べさせたのですが、3ヶ月くらいで話かけてくるようになり、日を追うごとに意思表示もするようになっていきました。9ヶ月後の今は近所の子どもと仲良く楽しそうに遊ぶようになりました。もっと早くレシチンをあげていれば…と思っています。(30代・女性)

 

落ち着気のなかった息子が、塾通いまでするようになり…
小学校3年の息子は、寝ている時以外は、授業中でも電車の中でもレストランでも、大声で奇声を発して暴れたり、どんな状況でも椅子に座っていられなかったり…と落ち着いた行動ができず、家族がノイローゼになるくらいでした。あまりの落ち着きのなさに、いったい誰に似たのだろうと言っていたのですが、精神科の医師から「注意欠如・多動性障害(ADHD)という病気であることを告げられました。ある時、知り合いから精神を安定させるレシチンのサプリメントをいただき息子に飲ませてみたところ、なんど1週間くらいで以前より落ち着いた様子になり、3ヶ月ほどで普通の子どもと変わらないくらいになりました。今では積極的に塾にも通うようになり、先生が驚くほど学校の成績も上がりました。(30代・女性)

 

レシチンを飲むようになってから息子が変わりました
夫の転勤でアメリカに滞在し、現地で生まれた息子は英語ばかり聞いていたせいか、日本に帰ってからも言葉の発達が遅く上手く話すことができませんでした。小学校に入ってからは、そのせいでいじめられて辛い毎日を送っていたのですが、ある講演会でレシチンが良いと聴き、効果が上がるようにマルチビタミンと一緒に息子にも飲ませてみました。それからは奇跡と思うくらいに変わっていき、中学3年になった今では心身ともにすっかり元気になりました。(40代・女性)