発達障害に対するレシチンの働き

このページでは、発達障害に関する情報と、レシチンを摂り入れて発達障害の症状が緩和された方の体験談ついて紹介しています。

発達障害ってどんな病気?

発達障害は、脳の機能障害の1つで遺伝・先天的な病気です。

他人とのコミュニケーションが上手くとれない、わかりきったルールを守れない、集中力がなくなる、何かする時に抜けやミスが多くなるなど、正常な社会生活を送ることが困難になります。知的障害を伴わないことが多いので、気づかれにくいという特徴があります。

発達障害になる理由については、まだ詳しく解明されていませんが、かつてはワクチンが原因であるとか親の愛情が足りないなどが理由と言われていたこともあります。しかし、最近の研究で発達障害には遺伝と環境が関係していることがわかってきています。

発達障害の種類

発達障害は、大きく分けると

  • 自閉スペクトラム症(ASD)※以前はアスペルガー症候群(AS)と言われていた
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

の3つになります。

自閉スペクトラム症(ASD)

「自閉スペクトラム症(ASD)」は、相手の気持ちを考えたりして行動する社会性や自分の思っていることを伝えるコミュニケーションが難しくなり、自分で決めた環境やルールに固執するようになります。

  • 自閉スペクトラム症(ASD)の症状と特徴

かつてはアスペルガー症候群と呼ばれていた自閉スペクトラム症(ASD)。アメリカ精神医学会が出版している『DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル 5版)』において高機能自閉症などと呼ばれていた疾患と合わせて自閉スペクトラム症という病名に統合されたのは2013年と最近です。自閉スペクトラム症に統合されたのは自閉症やアスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害、小児期崩壊性障害です。

症状には個人差があり、社会生活を送るのに支障をきたすケースから、ぱっと見は自閉スペクトラム症(ASD)とはわからない程度まで様々です。

特徴的な症状としては、対人関係やコミュニケーションが上手の取れない、限定的で反復的な行動をすることなどが挙げられます。

自閉スペクトラム症は対人関係・コミュニケーションの障害と限定的・反復的な行動様式で定義される一群の神経発達障害であり,頻度は100人に1人以上と考えられている

出典: (PDF) 「自閉スペクトラム症と児童精神科医療」信州医学雑誌,64(6),2016 [PDF]

自閉スペクトラム症(ASD)の症状を、自閉症を例に見てみましょう。

自閉症の大きな症状としては「コミュニケーション、言語の発達の遅れ」「行動と興味の偏り」「社会性や対人関係の障害」の3つに大きく分けられます。

例えば人の話したことをオウム返ししたり、自分の話したいことだけを一方的に話して会話にならない、子供であれば他の子と比べて言葉を話すのが遅いなどの症状があります。ときには自分の気持ちをうまく伝えられないことから暴れてしまうなどの行動につながることもあります。また、部屋の中を行ったり来たりしたり、一つのものに執着したり、想定外の出来事にパニックになるなども「行動の興味の偏り」タイプに分類される症状です。アインシュタインやエジソンは自閉症やアスペルガーだったのではという説があるのは、2人が特定の分野に突出して集中力を発揮し、記憶力や知識を持っているという自閉スペクトラム症の特徴を持っていたことも由来のひとつとなっています。加えて、目線を人と合わせられなかったり、相手の気持ちがわからなかったり、空気を読むことができないことも自閉症の方の特徴です。

  • 自閉スペクトラム症(ASD)の診断基準

自閉スペクトラム症(ASD)の診断基準は、先にご紹介した『DSM-5』により定義づけられています。

少し長くなりますが、以下に診断基準をご紹介いたしましょう。

A.複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的な欠陥があり,現時点または病歴によって,以下により明らかになる(以下の例は一例であり,網羅したものではない)。 ⑴ 相互の対人的・情緒的関係の欠落で,例えば,対人的に異常な近づき方や通常の会話のやりとりのできないことといったものから,興味,情動,または感情を共有することの少なさ,社会的相互反応を開始したり応じたりすることができないことに及ぶ。 ⑵ 対人的相互反応で非言語コミュニケーション行動を用いることの欠陥,例えば,まとまりの悪い言語的・非言語的コミュニケーションから,視線を合わせることと身振りの異常,または身振りの理解やその使用の欠陥,顔の表情や非言語的コミュニケーションの完全な欠陥に及ぶ。 ⑶ 人間関係を発展させ,維持し,それを理解することの欠陥で,例えば,様々な社会的状況に合った行動に調整することの困難さから,想像上の遊びを他人と一緒にしたり友人を作ることの困難さ,または仲間に対する興味の欠如に及ぶ。 B.行動,興味,または活動の限定された反復的な様式で,現在または病歴によって,以下の少なくとも2つにより明らかになる(以下の例は一例であり,網羅したものではない)。 ⑴ 常同的または反復的な身体の運動,物の使用,または会話(例:おもちゃを一列に並べたり物を叩いたりするなどの単調な常同運動,反響言語,独特な言い回し)。 ⑵ 同一性への固執,習慣へのかたくななこだわり,または言語的・非言語的な儀式的行動様式(例:小さな変化に対する極度の苦痛,移行することの困難さ,柔軟性に欠ける思考様式,儀式のようなあいさつの習慣,毎日同じ道順をたどったり,同じ食物を食べたりすることへの要求)。 ⑶ 強度または対象において異常なほど,きわめて限定され執着する興味(例:一般的ではない対象への強い愛着または没頭,過度に限定・固執した興味)。 ⑷ 感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ,または環境の感覚的側面に対する並外れた興味(例:痛みや体温に無関心のように見える,特定の音,感覚に逆の反応をする,対象を過度に嗅いだり触れたりする,光または動きを見ることに熱中する)。 C.症状は発達早期に存在していなければならない(しかし社会的要求が能力の限界を超えるまで症状は明らかにならないかもしれないし,その後の生活で学んだ対応の仕方によって隠されている場合もある)。 D.その症状は,社会的,職業的,または他の重要な領域における現在の機能に臨床的に意味のある障害を引き起こしている。 E.これらの障害は,知的能力障害(知的発達症)または全般的発達遅延ではうまく説明できない。知的能力障害と自閉スペクトラム症はしばしば同時に起こり,自閉スペクトラム症と知的能力障害の併存の診断を下すためには,社会的コミュニケーションが全般的な発達の水準から期待されるものより下回っていなければならない。

出典: (PDF) 「自閉スペクトラム症と児童精神科医療」信州医学雑誌,64(6),2016 [PDF]

注意欠如・多動性障害(ADHD)

「注意欠如・多動性障害(ADHD)」は、そそっかしく落ち着きがなくなり、思いつきで行動したり、ミスが多くなったりといった症状がでます。

  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)の症状と特徴

注意欠如・多動性障害(ADHD)の症状は、不注意・多動性・衝動性の3タイプに分けられます。

注意欠如多動症(以下 ADHD)は、①不注意(気が散りやすい、集中力が維持できない、見落としや忘れ物が多い)、②多動性(落ち着きがない、じっとしていられない、黙っていられない)、③衝動性(思いついた行動を、その是非を考える前に実行してしまう)の 3つを診断の柱としており、不注意が目立つ不注意優勢型、多動性・衝動性が目立つ多動・衝動型、両方併せ持っている混合型の 3 タイプがある。薬による行動改善が可能であるとともに、トークン(ごほうび)システムによって行動を管理することが有効であり、また、しばしば集中訓練を行う。さらに、物や時間の管理について、助言を受けながら自分に合った管理法を開発することが重要である。

出典: (PDF) 「発達障害の理解と支援」AUDIOLOGY JAPAN,60(5),2017 [PDF]

多動性という点では、子どもなら落ち着いて座っていられない、授業や遊びなどにおとなしく参加できないことなどが具体的な行動としてあげられます。大人になると、貧乏ゆすりが止まらなかったり、会議や仕事中でも落ち着かない感じが続く点がADHDの特徴です。

また、衝動性という点では、空気や会話の流れを読まずに思ったことを口にしてしまう、質問が終わっていなくても出し抜けに会話を始めてしまう、衝動買いをする、子供なら欲しいものがあると手に入るまで激しく駄々をこねるなどの行動があげられます。

さらに不注意という点では、ケアレスミスや忘れ物が多い、時間管理が苦手、興味があることについつい集中しすぎてしまう、仕事や勉強・家事などを順序立てて効率的に行うことが苦手などの症状があげられます。

  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)の診断基準
ADHDは、『DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル)』では次のように定義づけられています。
A .(1)および/または(2)によって特徴づけられる,不注意および/または多動症‒衝動性の持続的な様式で,機能または発達の妨げとなっているもの:    (1)不注意:以下の症状のうち 6 つ(またはそれ以上)が少なくとも 6 カ月持続したことがあり,その程度は発達の水準に不相応で,社会的および学業的/職業的活動に直接,悪影響を及ぼすほどである:      注:それらの症状は,単なる反抗的行動,挑戦,敵意の表れではなく,課題や指示を理解できないことでもない.青年期後期および成人(17 歳以上)では,少なくとも 5 つ以上の症状が必要である.      ( a )学業,仕事,または他の活動中に,しばしば綿密に注意することができない,または不注意な間違いをする(例:細部を見過ごしたり,見逃してしまう,作業が不正確である).      ( b )課題または遊びの活動中に,しばしば注意を持続することが困難である(例:講義,会話,または長時間の読書に集中し続けることが難しい).      ( c )直接話しかけられたときに,しばしば聞いていないように見える(例:明らかな注意を逸らすものがない状況でさえ,心がどこか他所にあるように見える).      ( d )しばしば指示に従えず,学業,用事,職場での義務をやり遂げることができない(例:課題を始めるがすぐに集中できなくなる,また容易に脱線する).      ( e )課題や活動を順序立てることがしばしば困難である(例:一連の課題を遂行することが難しい,資料や持ち物を整理しておくことが難しい,作業が乱雑でまとまりがない,時間の管理が苦手,締め切りを守れない).      ( f )精神的努力の持続を要する課題(例:学業や宿題,青年期後期および成人では報告書の作成,書類に漏れなく記入すること,長い文書を見直すこと)に従事することをしばしば避ける,嫌う,またはいやいや行う.      ( g )課題や活動に必要なもの(例:学校教材,鉛筆,本,道具,財布,鍵,書類,眼鏡,携帯電話)をしばしばなくしてしまう.      (h)しばしば外的な刺激(青年期後期および成人では無関係な考えも含まれる)によってすぐ気が散ってしまう.      ( i )しばしば日々の活動(例:用事を足すこと,お使いをすること,青年期後期および成人では,電話を折り返しかけること,お金の支払い,会合の約束を守ること)で忘れっぽい.   (2)多動症および衝動性:以下の症状のうち 6 つ(またはそれ以上)が少なくとも 6 カ月持続したことがあり,その程度は発達の水準に不相応で社会的および学業的/職業的活動に直接,悪影響を及ぼすほどである.     注:それらの症状は,単なる反抗的態度,挑戦,敵意などの表れではなく,課題や指示を理解できないことでもない.青年期後期および成人(17 歳以上)では,少なくとも 5 つ以上の症状が必要である.      ( a )しばしば手足をそわそわ動かしたりトントン叩いたりする,またはいすの上でもじもじする.      ( b )席についていることが求められる場面でしばしば席を離れる(例:教室,職場,その他の作業場所で,またはそこにとどまることを要求される他の場面で,自分の場所を離れる).      ( c )不適切な状況でしばしば走り回ったり高い所へ登ったりする(注:青年または成人では,落ち着かない感じのみに限られるかもしれない).      ( d )静かに遊んだり余暇活動につくことがしばしばできない.      ( e )しばしばじっとしていないまたは“まるでエンジンで動かされているように”行動する(例:レストランや会議に長時間とどまることができないかまたは不快に感じる;他の人達には,落ち着かないとか,一緒にいることが困難と感じられるかもしれない).      ( f )しばしばしゃべりすぎる.      ( g )しばしば質問が終わる前に出し抜いて答え始めてしまう(例:他の人達の言葉の続きを言ってしまう;会話で自分の番を待つことができない).      (h)しばしば自分の順番を待つことが困難である(例:列に並んでいるとき).      ( i )しばしば他人を妨害し,邪魔する(例:会話,ゲーム,または活動に干渉する;相手に聞かずにまたは許可を得ずに他人の物を使い始めるかもしれない;青年または成人では,他人のしていることに口出ししたり,横取りすることがあるかもしれない). B .不注意または多動性‒衝動性の症状のうちいくつかが 12 歳になる前から存在していた. C .不注意または多動性‒衝動性の症状のうちいくつかが 2 つ以上の状況(例:家庭,学校,職場;友人や親戚といるとき;その活動中)において存在する. D .これらの症状が,社会的,学業的,または職業的機能を損なわせているまたはその質を低下させているという明確な証拠がある. E .その症状は,統合失調症,または他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものではなく,他の精神疾患(例:気分 障害,不安症,解離症,パーソナリティ障害,物質中毒または離脱)ではうまく説明されない.

出典: (PDF) 「注意欠如・多動症 (ADHD) 特性の理解」心身医学,57(1),2017 [PDF]

ADHDは子供のうちは学習障害や発達性協調運動障害などを、大人になると不安障害や気分障害などの精神疾患を合併することもあります。大人になってからADHDと診断されることもありますし、年齢によって症状の現れ方や生活で生じる問題も変化してきます。薬や行動療法などによる治療方法もありますし、病気を理解することで周囲からのサポートを仰ぎやすくなることもあります。

大人でもADHDの方がいる、ということを理解し、「自分もADHDかも」と思ったら、発達障害の専門医がいる病院や、精神神経科に相談してみるといいでしょう。

学習障害(LD)

「学習障害(LD)」は子どもの場合、読書きが難しかったり、数の概念が理解できなかったりなどの症状がありますが、大人になると読書きができなくてもコンピューターやスマホなどがあるので学習障害は目立たなくなります。

しかし、マニュアルなどを読んでも理解ができず上手く作業ができない、仕事がなかなか覚えられない…など仕事をする上で困難な状態になります。

発達障害の症状に働きかけると最近注目されているのが、脳の機能を高めるレシチンです。毎日の食事から必要量を摂るのは難しいのですが、サプリメントなら効率よくレシチンを摂取することができます。

  • 学習障害(LD)の症状と特徴

学習障害の定義に関しては、専門家によっても意見が異なり、ADHDも学習障害の症状として含むという意見と、学習障害とADHDは分けて考えるべきという意見などがあります。

学習障害と注意欠陥多動障害には何らかの関連性や相違性が存在しすることは指摘されているが、一致した知見が得られておらず、その性質やメカニズムについては十分解明されていない。

出典: (PDF「学習障害の定義にかかわる諸問題と今後の課題」特殊教育学研究,30(5),1992 [PDF]

文部科学省では、学習障害を以下のように定義しています。

学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。

出典: 文部科学省HP「特別支援教育について 主な発達障害の定義について」

学習障害は、知的障害とは異なり、知的発達には遅れがない障害である点が大きな特徴です。症状としては「読む」「書く」「計算する」「聞く」「話す」のうち、一部の能力に困難が見られます。大きく分けて識字障害(ディクレシア)、書字表出障害(ディスグラフィア)、算数障害(ディスカリキュア)の3つに分けられる症状についてそれぞれ次のような特徴・例が挙げられます。

識字障害(ディクレシア)

ひらがなの中でも形の似た「わ」「ね」などを見分けられない、文章を読んでいる最中にどこを読んでいるのかわからなくなるなど

書字表出障害(ディスグラフィア)

鏡文字などを書いたり、誤字脱字が多い、書き順間違いがあり、板書をノートに取れない、漢字が苦手など

算数障害(ディスカリキュア)

数字や計算記号を理解できない、四則計算で繰り上げ・繰り下げなどができない、数の大小がわからないなど

  • 学習障害(LD)の診断基準

学習障害は、医療機関によっても診断の仕方が異なります。多くが知能検査と認知能力検査の結果などをもとに学習障害かどうかを総合的に判断します。また、学習障害はADHDなどを合併しているケースや学習障害かと思っていたらADHDなど他の発達障害だったというケースもあるため、その他の発達障害かどうかのテストも実施されます。

おすすめのレシチンサプリをチェック

発達障害とレシチン

レシチンは、体内で脳や神経組織を作り出す役割を持っています。リン脂質に分類されるレシチンは、卵黄や大豆などに含まれています。有効性に関して十分検証されたとは言い切れませんが、レシチン10mgを1日1回摂取した場合、そう病の症状として現れる妄想や支離滅裂な発言などの症状改善が見られたという報告もあります。

発達障がいにおいても、レシチンが有効という明確なエビデンスは今のところありません。しかしながら、老化に伴う脳機能の低下には、レシチンが有効である可能性も指摘されています。今後の研究にも期待が集まるところです。

大豆や卵黄の主要なリン脂質であるレシチンから脂肪酸が脱アシル化したグリセロホスホコリン(α-GPC)は,神経細胞に必要なコリンの良い供給源であると考えられている。そのため,老化に伴う脳機能の低下に対する予防効果が期待されている。

出典: (PDF「The effect of orally administered alpha glycerophosphocholine in SAMP8」一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集 66(0), 173, 2014 [PDF]

出典: 「健康食品」の素材情報データベース『レシチン』

レシチンで発達障害の症状に変化を感じた人の体験談

レシチンを摂ってから、楽しそうに遊ぶように…
息子が1歳の時に離婚したのですが、そのころから息子が自閉スペクトラム症の症状が現れ、5歳になっても回復しませんでした。あるとき友達の誘いで某クリニックの医師が行う講演に行ったところ、自閉スペクトラム症にはレシチンが良いという話を聴き、講演後に個人的に摂取方法などを指導していただきました。すぐに息子にサプリメントを食べさせたのですが、3ヶ月くらいで話かけてくるようになり、日を追うごとに意思表示もするようになっていきました。9ヶ月後の今は近所の子どもと仲良く楽しそうに遊ぶようになりました。もっと早くレシチンをあげていれば…と思っています。(30代・女性)

 

落ち着気のなかった息子が、塾通いまでするようになり…
小学校3年の息子は、寝ている時以外は、授業中でも電車の中でもレストランでも、大声で奇声を発して暴れたり、どんな状況でも椅子に座っていられなかったり…と落ち着いた行動ができず、家族がノイローゼになるくらいでした。あまりの落ち着きのなさに、いったい誰に似たのだろうと言っていたのですが、精神科の医師から「注意欠如・多動性障害(ADHD)という病気であることを告げられました。ある時、知り合いから精神を安定させるレシチンのサプリメントをいただき息子に飲ませてみたところ、なんど1週間くらいで以前より落ち着いた様子になり、3ヶ月ほどで普通の子どもと変わらないくらいになりました。今では積極的に塾にも通うようになり、先生が驚くほど学校の成績も上がりました。(30代・女性)

 

レシチンを飲むようになってから息子が変わりました
夫の転勤でアメリカに滞在し、現地で生まれた息子は英語ばかり聞いていたせいか、日本に帰ってからも言葉の発達が遅く上手く話すことができませんでした。小学校に入ってからは、そのせいでいじめられて辛い毎日を送っていたのですが、ある講演会でレシチンが良いと聴き、効果が上がるようにマルチビタミンと一緒に息子にも飲ませてみました。それからは奇跡と思うくらいに変わっていき、中学3年になった今では心身ともにすっかり元気になりました。(40代・女性)

レシチン サプリメントおすすめ3選!

含有する栄養素の数とレシチン100gあたりの価格で比較しました。病院でも処方されるほど効果を認められているサプリもあるようです。