レシチンのことをどこよりも詳しく解説

レシチンがたっぷり摂れる
おすすめサプリメントを見る

脳のお助け栄養素『レシチン』まるわかりガイド » 脳にイイだけじゃない、レシチンの効果と効能 » 肝臓を保護する

肝臓を保護する

このページでは、肝機能のしくみ、レシチンが肝臓の保護に効果があることや、肝臓を保護することで認知症リスクが抑えられることなどについて解説しています。

肝機能のしくみ

肝臓はおなかと胸を分けている横隔膜の直下で、胃の横にあります。体の中で最大の臓器で右上腹部のほとんどを占め、重さは1kg~1.2kgあり、肝細胞は代謝・解毒・胆汁の生成と分泌という化学工場のような働きをしています。

代謝

食物を摂取して得た脂肪、たんぱく質、糖などの栄養素は、そのままでは体内に吸収できないので、吸収できるような物質に化学変化させて肝臓内に貯え、必要な時が来たら、エネルギーのもととして活用されます。

例えば炭水化物から摂取されるブドウ糖は小腸で吸収された後で肝臓に送られ、グリコーゲンに変化して貯蔵されます。そしてエネルギーが必要な時に再びブドウ糖に戻して活用されます。

解毒

アルコール、薬、老廃物、体内でたんぱく質を生成する際に作られる毒性アンモニアなど、体に有害な物質を分解して無害な物質に変えます。

しかし、肝臓の解毒作用にも限界があるので、お酒を沢山飲んだり薬の飲みすぎは肝臓を壊してしまいます。

「沈黙の臓器」と言われる肝臓は自覚症状が出にくく、何か症状が現れた時はもう手遅れという場合が多いです。肝臓を酷使しないようにし、定期的な健康診断を行うなど日頃から注意することが大切です。

胆汁の生成と分泌

胆汁は肝臓で1日700cc~1000cc生成される黄色の消化液で、胆汁に含まれる胆汁酸が脂肪を乳化し、脂肪の消化や吸収を助けます。胆汁が少なくなると消化や吸収が上手くいかなくなり、体に十分な栄養を取り込めなくなります。

また、消化不良を起こすことで、便が硬くなり便秘の原因ともなります。

肝機能が低下するとどうなる?

脂肪肝から肝炎・肝硬変の可能性

肝臓に脂質がたまりすぎてしまう脂肪肝は、疲れやすさを感じることもありますが、自覚症状がない場合が多く、気が付くと肝炎や肝硬変などの病気に進行しているケースがほとんど。肝炎になると、黄疸や倦怠感、腹水やむくみが現れる場合もあります。

肝炎がさらに進行して、肝硬変になると肝臓が硬くなって正常に機能しなくなったり、肝臓がんへ変化する可能性も出てきます。

肝性脳症や食道胃静脈瘤など合併症の可能性も

癌化しなくても、肝性脳症や食道胃静脈瘤などの合併症を引き起こし、命に係わる事態が発生することも想定できます。肝機能の低下を甘く見てはいけません。

レシチンは肝臓保護にどう働くの?

最近、見た目は痩せているのに、下腹部だけポッコリしている隠れ肥満の方が増えていますが、これは運動不足、飲酒、偏食のせいでカロリー摂取量が消費量より上回ることが原因です。隠れ肥満は肝臓に負担をかける原因となり、肝機能障害や脂肪肝を引き起こします。

レシチンの脂質と水を溶かして混ぜ合わせる乳化作用は、血管や細胞に詰まっているコレステロールや脂質を排出させます。そして、肝臓の細胞膜の働きを活性化させ、肝臓に蓄積された脂肪を分解するので、脂肪肝、肝機能障害の改善への効果が期待できます。

また、レシチンを摂取することで肝臓が保護されて血糖コントロールが可能となり、認知症のリスクも抑えられます。

レシチンとはどんなもの?詳細を知りたい方はコチラ

▲ページの先頭へ