血中コレステロールを減らす

このページでは、血中コレステロールが増える原因やリスク、レシチンを摂ることで、コレステロール値を下げて動脈硬化、脳出血、脳梗塞を防ぐ効果が期待できることについて紹介しています。

血中コレステロールが増える原因

体の細胞膜を構成している成分であり、血管の維持・強化にも重要な役割をする「コレステロール」は生きる上で欠かせないものです。

血管の中には油分を運び入れる「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」、油分を運び出す「HDLコレステロール(善玉コレステロール)」がありますが、血管の中に「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が溜まり過ぎると、動脈硬化を引き起こし心筋梗塞などの原因となります。

「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が増える原因には、加齢、運動不足、食物繊維不足、脂肪分の多い食生活、飲酒、ストレス、肝機能低下、遺伝による体質などがあります。

肝機能が低下するのは、肝臓がコレステロールの合成や吸収を行っているからです。加齢で肝機能が低下すると、暴飲暴食などによってコレステロールの数値が一気に上がりやすくなります。

血中コレステロールが増えるリスク

血中の「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が増えたり、「HDLコレステロール(善玉コレステロール)」が減ったりすると、脂質異常症(高脂血症)などの疾患リスクが高まります。

脂質異常症(高脂血症)とは?

脂質異常症(高脂血症)は、血中の「総コレステロール」や「中性脂肪」が基準値を超えた状態です。この状態を放置していると動脈硬化が起こり、それが進行すると心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる疾患が起こる恐れがあります。

動脈硬化とは?

心臓から供給される血液を全身へ運ぶ動脈の柔軟性や弾力がなくなって硬くなってしまった状態を動脈硬化といいます。動脈硬化は高コレステロール、喫煙、運動不足などによってリスクが高まると言われています。

レシチンがコレステロール値を下げる仕組み

コレステロール値を下げる物質として最近注目されているのが、レシチンです。

コレステロールは、細胞や神経の生成に使われる重要物質ですが、コレステロールの量が多くなってしまうと余分なコレステロールが血管壁にはりついてしまいます。

レシチンは血管壁にはりついてしまったコレステロールを乳化作用で溶かします。溶かされた「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」は「HDLコレステロール(善玉コレステロール)」によって排出されるので、コレステロール値が低くなるのです。

動脈硬化、脳出血、脳梗塞を防ぐレシチン

レシチンは血管の中に付着してしまったコレステロールを溶かして排出させ、血管と血液を健康な状態に保ちます。

血管内のコレステロールが増えると血栓や動脈硬化の原因となるので、レシチンによって「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が減れば、動脈硬化や血栓ができるのを防ぐことができます。

また、血栓ができることによって起こる脳梗塞や脳の血管が破れて脳組織を破壊する脳出血のリスクも回避することができます。

サラサラ血液のためにも、毎日レシチンを積極的に摂ることをおすすめします。しかし、通常の食事だけでは、1日に必要な摂取量を摂るのが難しいのも事実。レシチンのサプリメントをうまく活用して、毎日継続的に摂取しましょう。

おすすめのレシチンサプリをチェック